弁護士\債権回収

弁護士は債権の回収を行いますが、債権回収会社も同じように債権の回収を行います。同じ債権回収を行いますが、どちらに依頼することが良いのでしょう。債権回収会社の正式な呼び名は、債権管理回収業者といいます。他の人の債権を受けて管理をし、また回収するなどの委託を受けます。債権回収会社が請け負う仕事は、特定金銭債権と定められている債権のみになります。定められていない債権についての回収については請け負うことができません。

しかし弁護士には、このように定められたものがありませんので債権に関してはどのようなものも管理し、回収することができます。債権の回収には、いくつかの方法があります。弁護士が直接取引先などに面談や電話をして催促をする方法では、直接相手に弁護士が交渉をすることで、取引先がこちら側の考えが真剣に債権回収を行っているという考えが伝わりやすいので、相手側も支払いするしかないと考えます。自身で回収する方法もありますが、このように弁護士に依頼することで債権の回収がスムーズに効率よく進んでいきます。また、弁護士が弁護士の名前で内容証明書と言う書類を郵送する方法があります。

これは督促や催促と言われますが、この方法は会社が直接文面を添えて郵送し催促するよりもかなり高い効力が得られます。支払いに応じる可能性が最も高くなる方法と言えるでしょう。弁護士からの督促に関しては、支払いを行わなければ強瀬執行が先にあると考えるため効果が高いのです。