弁護士に依頼する

弁護士に債権回収を依頼することで、まずは交渉がとても有利になります。弁護士が代理人になりますので、債務者は弁済に答える可能性が高いのです。会社自身で回収を行う場合には、時間も労力もかなりかかるものですが弁護士を通すことで請求されたことに応じない場合には、法的処置が待っていると考えるのでこれが心理的なプレッシャーになり、結果回収がスムーズに行えます。

また、相手側の会社が万が一倒産といった形になる場合もありますが、この場合は回収するタイミングが重要になりますので、弁護士に委託することで迅速な交渉が行えます。さまざまな債権の回収では、弁護士が行うことですべてが成功するわけではありませんので、回収に関してはそれぞれのケースごとの対応が必要になります。

債権の内容証明を郵送しても、相手からの返答が途絶えてしまう場合もありますので、ケースにあった最適な方法をとることが重要です。さらにいくつかの方法でも、回収が進まない場合には、弁護士が入ることで訴訟を起こして強制執行ができます。訴訟を起こすということは、専門的な知識が必要になりますので、弁護士に託すことで有利な情報や書類を整理したうえでこちら側の主張を行うことができます。訴訟を行うことで勝訴した場合は、強制執行の手続きを行いますが、この場合でもやはり手続きが複雑です。弁護士に依頼して行ってもらうことで、強制執行に関しても適切に行ってもらえますし債権回収が可能になります。

 

債権会社に依頼する

債権回収会社は、サービサーと呼ばれていて仕事内容は借金の回収を行います。主に保険会社や金融機関からの依頼で債権の回収を行います。自分で債権回収を行うことが難しい場合には、サービサーに依頼すると債権回収がスムーズに行われます。 債権回収会社は法律に定められたことに準じて債権回収を行いますが、サービサーも弁護士も回収方法としては大きな違いはありません。債権回収会社が行う方法としての多くが、書面や電話にとって請求する方法です。

このような方法をとることで、回収時のコスト面が最小限でおさまりますので、手軽な回収方法となります。書面の請求内容については、債務の消滅時効がありそれを中断することができますし、相手に対して精神的にプレッシャーを与えることが可能です。しかし書面といった方法では法的な拘束力がありませんので、これで回収できない場合には他の方法をとる必要があります。

その時の方法としては、債権者が支払い督促の申し立てを行い、支払い督促状を郵送します。督促状を受けた側は、支払いをしなければいけないと考え債権回収ができる可能性がたかまりますし、それでも対応がない場合には、訴訟となります。債権回収会社が行う回収方法は、弁護士が行う方法と類似しています。回収がなかなか行えない場合には、債権回収会社や弁護士に依頼すると良いです。